キャンプギア

高さ調節が用途に応じて2段階可能なRibitek(リビテック)ランタンスタンドは、コスパも優秀なハンガーラック【レビュー】

こんにちわ、アエカです。
今回はハンガーラックのレビュー

ハンガーラックがあるとキャンプでもおしゃれかつ実用的に大活躍できるギアの一つだと思っています。

なぜなら、これがあるとかなり整理整頓が捗りテント内もごちゃごちゃせずスッキリ。

もちろん日常でも衣類をかけたり、ランタンなど吊るしてインテリア風に使ったりもできます。

ハンガーラックの魅力

おしゃれ

探し物をすることがなくなる

外出先で使える

自宅用の物干しに使える

しかし、それぞれにあったキャンプスタイルや使用方法によっては高さの調整はなかなか難しい課題。

そもそも失敗だけはしたくない。

いくつも購入するとなるとお金もかかるし、余計に邪魔になる。
用途に応じてサイズが変えられたら少しでも自分にあったキャンプができるんだけど

できれば、場面にあった使い方ができるといいですよね。

今回紹介するRibitekランタンスタンドはそんな悩みを解決できるハンガーラックなんです。

この記事ではRibitekランタンスタンドについて開封レビュー使用感ミニマルワークスのインディアンハンガーとの比較などまとめております。

ミニマルワークスは知っておきたい王道のハンガーラック

SNSやネットでハンガーラックを探しているとミニマルワークスのインディアンハンガーにたどり着き、やっぱり本家・王道的な格好良さがあります。

ミニマルワークスさんは韓国のブランドで最近注目されどんどん人気も出てきており、お洒落なギアも有数あります。

出典元:UNBY GENERAL GOODS STORE ミニマルワークスインディアンハンガー出典元:UNBY GENERAL GOODS STORE

 

サイズは4展開
出典元:UNBY GENERAL GOODS STORE出典元:UNBY GENERAL GOODS STORE
インディアンハンガーのポイント
  • お洒落で人気!ショップも売り切れていることが多い
  • サイズが豊富で4展開
  • Mサイズはソロ向け、Lサイズはソロ〜ファミリー向けが多い
  • 収納がコンパクトで結束式だから組み立てもカンタン
  • フックは別売り
  • 価格がSサイズ:¥5500、Mサイズ:¥7150、Lサイズ:¥8800、XLサイズ:¥10450

 

王道だけにやっぱり目移りはするよね。でも、買うとしたらサイズは一番どれぐらいがいいの??
各サイズとも価格が高いし、フックも別売りだから手が出しにくいよ

Ribitekランタンスタンドとミニマルワークスインディアンハンガーとの比較

Ribitek(リビテック)ランタンスタンドにランタンやフライパンなど吊るす
特徴
  • シーンに応じて2段階の高さが調節可能
  • 3節の分割式のポールで組み立てもカンタン
  • 収納袋付きでコンパクトにできる
  • 専用フックが5個付き
  • コスパ良の¥2999(amazon)※R.3.5.1時点
仕様(抜粋)
  • 材質:アルミ合金
  • 組み立て完成後のサイズ:1段階:96×90×58cm、2階段:96×61×38cm
  • 収納サイズ:48×13×3cm
  • 耐荷重:10kg以内
  • 重さ:約710g
  • フック数:5個

 

2段階の高さ調節可能【ミニマルワークスインディアンハンガーとの比較】

決め手はここでした!!

高さ調整ができると用途に合わせて調節できるのでgood!ミニマルワークスのインディアンハンガーのサイズ比較。

Ribitek
(1段階)
Ribitek
(2段階)
ミニマル
(S)
ミニマル
(M)
ミニマル
(L)
ミニマル
(XL)
高さ90cm61cm44cm75cm110cm143cm
96cm52cm66cm99cm101cm
重量710g230g550g840g1080g

高さ
RibitekのランタンスタンドはミニマルワークスのインディアンハンガーのサイズM、Lにやや近い中間くらいのサイズ。


Ribitekは幅の調節はできないのでどの段階でも一律の96cm。一方、インディアンハンガー(M)は66cmと幅がやや狭いですがLサイズになると少し広めでおおよそ同じ程の長さ。

コスパがいい

収納袋セットもあるので好みで付け足すのもよいかと思います。

何より高さ調節ができてこの価格。インディアンハンガーはSサイズでも5500円、サイズに近いM、Lサイズを両方購入すると15000円超えしてしまいます。

実際に使ってみた

収納袋にコンパクトにしまえるので持ち運びもgood

Ribitek(リビテック)ランタンスタンドは収納袋付で長さも480mmセット内容はスタンド本体接続ポールと下部ポールがそれぞれ4本フックが5つ入っています。

Ribitek(リビテック)ランタンスタンドは畳んでコンパクトに収納可能

組み立て

①スタンド本体は結束式の為、ポール内部のゴムガイドにそって差し込めば大丈夫です。

Ribitek(リビテック)ランタンスタンドはガイドがついているので組み立ても簡単

②接続ポールと最下部ポールの接続

Ribitekのハンガーラックの最大のポイントは2段階調整式。上部ポールが中間の接続ポール、下部は最下部のポールとなっており、分離にしていることで2段階調整が可能。用途に応じて高さを変更できます!!

最大のポイント!!
Ribitek(リビテック)ランタンスタンドのポールの付け替えで高さを変えられる
1段階
Ribitek(リビテック)ランタンスタンドの最高位は全長900mm幅960mm
2段階
Ribitek(リビテック)ランタンスタンドの最小は全長610mm幅960mm

③フックをつける

Ribitek(リビテック)ランタンスタンドの付属のフックも簡単に取り付け可能
1段階での使用例
Ribitek(リビテック)ランタンスタンドを最大の高さにすれば洋服も吊るせる Ribitek(リビテック)ランタンスタンドを最大の高さにすると寝袋をかけて天日干しも可能
洋服やキャンプでのシュラフがけにも使える。家使いでもいいね!!
2段階での使用例
Ribitek(リビテック)ランタンスタンドの最小の高さでランタンや火挟をつるす
高さがやや低いのでランタンやギアを吊るすと探すこともなくなりますよ。

まとめ

Ribitekランタンスタンドは価格もさておきながら高さ調節ができるハンガーラックです。

使う人によっては1段階の高さでも足りないと思う方もいるかと思います。実際、ロングコートなど丈の長い服は地面についてしまうので神経質な方は注意が必要です。

ハンガーラックを使用することでサイト内もすっきりお洒落にすることができます。また、構造もシンプルなので組み立ても簡単ですし、収納もコンパクトなものが多く是非オススメしたいギアです。

 

 

 

こちらの記事もオススメ!
キャンプギア

ブルックリンアウトドアカンパニーのコットでワンランク上の睡眠がキャンプでできる!快適増し増しになるマットも合わせて紹介

2022年9月13日
テゲテゲキャンプ
こんにちは、アエカです。 キャンプで寝る時に必要なものといえばシュラフですが、実際寝てみると起床時に腰が痛かったり、底冷えして眠れなか …