キャンプギア PR

最後まで冷たいまま飲みたい!手軽に使える缶クーラーおすすめ8選

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

特に夏の暑い時期は冷たい飲み物を飲みたくなりますよね。

しかし屋外で飲んでいるとどうしても冷たさをキープできなくなるのが残念なところ。

そこで、今回紹介するのは保温機能で少しでも温度をキープできる「缶クーラー」です。

キャンパーさん
キャンパーさん
缶クーラーってなに?
缶クーラーは、冷えた缶ビールや缶ジュースなどの缶飲料を最後まで冷たい状態で保温してくれるアイテム
キャンパーさん
キャンパーさん
じゃあ、キャンプじゃなくても使えるね!
手軽に使えるのから普段の自宅での家飲みでも使えるよ!

キャンプなど屋外にいると立っているだけでも、汗が出るほど。

設営が終わって一息つきたいときにクーラーボックスから冷たい飲み物を飲む瞬間は誰もが味わったことがある至福の時間ですよね。

でも、暑いと開けたばかりの冷たい飲み物も気づけばあっという間にぬるくなってしまいます。

そこで、できるだけぬるくならずに、最後まで冷たいまま飲み物を楽しみたいと思ったら、缶クーラーがあるととても便利です。

今回はその缶クーラーのオススメを紹介していきます。

缶クーラーが選ばれる理由

缶クーラーがなぜ選ばれるのか理由がいくつかあります。購入する際のポイントにもなるのでなるので是非チェックしてください。

冷たいものを冷たいままキープしてくれる保冷力

引用:サーモス

缶クーラーの真髄ともいえる保冷力。

冷たい飲み物をキープしてくれる保冷力は、真空二重構造による優れた保温性にあります。

二重壁の間に真空状態の隙間を作ることで熱伝導を防ぎ、外気温を遮断して内側の冷気を長時間保ってくれています。

実際、缶クーラーを使用した場合の保冷時間のデータもでています。(引用:サーモス

缶クーラーを使用しても徐々に温度は上がっていますが、使用していない状況と比べると緩やかに上昇しているのが分かります。

 

また、直接飲み物を触れずにホルダーに入れることによって、温度上昇を抑えられている点もあると思います。

結露を気にしなくてOK

保冷力の影響や、缶ホルダー自体が容器となっているため、ビールジョッキから水が滴るような結露もなく濡れずに使用できます。

また、容器外側が冷えることもないので、持った際のホルダーが温度に影響することもなく使えます。

一般的な缶サイズに合わせた設計、瓶が入るものもある

缶クーラーには一般的な缶のサイズ(350ml/500ml)が丸ごと入るようなサイズ展開です。

キャップなど固定蓋がついているものもありますが、飲みやすいように飲み口部分は出ています。

サイズが合っていないと保冷効果も落ちてしまうので、普段よく飲まれるサイズのものを選ばれるとよいです。

そのままタンブラーとして使える2wayタイプの缶クーラーもある

引用:サーモス

缶ホルダーの中には、缶を差し込むだけではなく直接飲み物を注いで使用できる2wayタイプもあります。

使用に応じてタンブラーとしても使えるので便利です。

一目置かれたデザイン

缶クーラーに飲み物を入れていると機能性はもちろんですが、カラーや握りやすさなどにこだわったデザインなど、周りから一目置かれます。

缶クーラーに入れておくことで自分のものがどれか分からなくなることもないですし、

ステンレスなどの無骨なシルバーカラーや、人気実力派ブランドのYETIやスノーピークなどでおしゃれに差をつけることもできます。

 

自分の好みにあった合った缶クーラーを探そう!おすすめ7選

サーモス 保冷缶ホルダー

引用:楽天市場

魔法瓶の大手ブランドでもあるサーモス。断熱など保冷に関しての技術も高く信頼感があります。

サーモスの良さは、技術はもちろんコストパフォーマンス。手頃で入手しやすいことやカラーバリエーションも多いことから缶ホルダーも人気が高く定番化しています。

容量350ml(JCB-352)、500ml(JCB-500)
重量350ml缶用:約100g、500ml缶用:約200g
素材ステンレス銅、シリコンゴム

 

サーモス アウトドアシリーズ 保冷缶ホルダー  2wayタイプ 

引用:楽天市場

サーモス保冷缶ホルダーの2wayタイプ。飲み口をつけることでタンブラーとしても使用できます。

手に馴染むような握りやすいデザインで、中央にロゴが入ったくびれがあります。

容量350ml(ROD-002)、500ml(ROD-005)
重量350ml缶用:約140g、500ml缶用:約260g
素材ステンレス銅、シリコンゴム

和平フレイズ(Wahei freiz) 缶ホルダー 

引用:Amazon

真空断熱構造で熱が逃げにくく、飲み物の保冷が可能。
350ml/500ml缶のホルダーとして、またそのままタンブラーとしても使える2WAYタイプ。

安価で手に入れやすい点もオススメ。

容量350ml、500ml
重量350ml缶用:約140g、500ml缶用:約242g
素材ステンレス鋼

ANOBA(アノバ) バキュームカンホルダー

引用:Amazon

アウトドア用品を扱っているブランドANOBA(アノバ)の缶ホルダー。

缶ホルダーの中は真空構造になっており、保冷効果抜群。長時間冷たさをキープできる保冷缶。カラーはブラックとホワイトの2色展開。

容量350ml
重量350ml缶用:約220g
素材ステンレス

snowpeak(スノーピーク) 缶クーラー

引用:Amazon

アウトドアブランドのsnowpeak(スノーピーク)の缶クーラー。シンプルなデザインに、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後に缶を固定するために内側の3点の突起が設けられ、クッともう一段階押しこむことで安定します。

アウトドアブランドだけあって使用環境条件など考慮し、何十回も作り直しされ洗練されている点もスノーピークらしさがあって魅力です。

容量350ml(TW-355)、500ml(TW-505)
重量350ml缶用:約120g、500ml缶用:約150g
素材ステンレス

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) HD 保冷 缶ホルダー

引用:Amazon

アウトドアブランドのキャプテンスタッグの缶ホルダー。

真空二重構造のステンレス製缶ホルダーで、外からの温度の影響を受けにくい。結露も気にならず、長時間冷たさを保つことができる。

容量350ml(‎UE-3491)、500ml(UE-3493)
重量350ml缶用:約180g、500ml缶用:約220g
素材ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、ラバーグリップ/シリコンゴム

Hydro Flask(ハイドロフラスク) SPIRITS クーラーカップ

引用:楽天市場

ハイドロフラスクの2way使用カップ。缶クーラーや、飲料カップとしても使えるので便利。カップ中央にはブランドロゴを施しており、ポップで豊富なカラーバリエーションも特徴

ステンレス真空二重構造で外気の熱を伝えずに中身を守り、結露しないのでコースターも不要、カップで使用する際も蓋を底面につけることで傷からも守ることができます。

容量354ml(12オンス)
重量350ml缶用:約272g
素材ステンレス

YETI(イェティ) ランブラーコルスター 12オンス

引用:Amazon

人気ブランドのアウトドア用クーラーといえばYETI(イェティ)の缶クーラー。ホルダー内の断熱機構も高く、耐久性もあります。サイズは12オンス(350ml缶)に対応し、缶を差し込んでカバーでロックできるようになっています。

口コミでロングサイズの16オンスサイズもあるようですが、日本の缶サイズにやや適さないようなのでご注意を。

容量350ml対応(12オンス)
重量350ml缶用:約295g
素材ステンレス

こちらの記事もオススメ!
キャンプギア

ブルックリンアウトドアカンパニーのコットでワンランク上の睡眠がキャンプでできる!快適増し増しになるマットも合わせて紹介

2023年4月17日
テゲテゲキャンプ
キャンプで寝る時に必要なものといえばシュラフですが、実際寝てみると起床時に腰が痛かったり、底冷えして眠れなかったりすることがあると思います。 …
キャンプギア

高さ調節が用途に応じて2段階可能なRibitek(リビテック)ランタンスタンドは、コスパも優秀なハンガーラック【レビュー】

2021年5月7日
テゲテゲキャンプ
ハンガーラックがあるとキャンプでもおしゃれかつ実用的に大活躍できるギアの一つだと思っています。 なぜなら、これがあるとかなり整理整頓が …